ニルヴァーナ:クリス・ノボセリック:クリス・ノボゼリック:国内盤:イン・ユーテロ−All around

イン・ユーテロ


 感想

商品説明

 ???突然の成功に圧倒されながらも、ニルヴァーナはメジャーレーベルからの2枚目のアルバムのリリースに当たって、より荒々しくより耳をつんざく音作りを選択した。シカゴを拠点とするノイズの達人スティーヴ・アルビニ(ビッグ・ブラックでの活動が有名)の力を借りてカート・コバーンと仲間たちが作り上げたアルバムは、暴力的かつ絶望的、そして深く心を揺さぶるものだった。
?「Serve the Servants」では名声の代償について、「Milk It」ではアーティストとファンの不健全な関係について歌っているといった解釈がどのナンバーからも読み取れる。もちろん、どれもただ単純にコートニー・ラブのことを歌っているだけなのかもしれない。コバーンのスキャンダラスな一面はさておき、その圧倒的なソングライティングの力量と歌唱力、バンドの驚くほど粗削りなパワーは否定しえない。
???心を締めつける「All Apologies」のエンディングで、コバーンはジョン・レノンを思わせる語りかけるような口調で繰り返し歌っている。「みんな誰だってかけがえのない存在なんだ」、と。だが、その言葉もコバーン本人にだけはなんの慰めにもならなかった。(Percy Keegan, Amazon.com)




【イン・ユーテロの商品情報】
アーティスト:ニルヴァーナ
その他:クリス・ノボセリック
その他:クリス・ノボゼリック
メーカー:MCAビクター
メーカー:ユニバーサルインターナショナル
eanコード:4988067012944
ジャンル:music
製品種別:CD
状態:New
売値:¥ 2,548
中古価格:¥ 139
発送状況:

Amazonを見る見る
 Amazonは1500円以上で送料無料!!
イン・ユーテロ[All around]
↑詳細を見る見る 



イン・ユーテロ関連

 イン・ユーテロの商品紹介&感想
 感想

ザラザラ

 全体的に、どこか無気力な歌い口でいて、抑えきれない感情が溢れ出て来るような感じだと思いました。個人的には12曲目を聴くだけでも、充分に価値があると思います。

それにしても、本当に素晴らしい曲ばかり…


 感想

ポップ

 凄くポップです。最初は一曲目の途中で聴くのを止める程どうでも良かったんですけど、ある日この作品を録音したMDを気まぐれにRANDOMで流していたらRape Meが、曲名も知らなかったんですけど、流れて来て、あの、いきなり感情が爆発するみたいなところまで聴いて、本当に、今まで何故一曲目以降を聴かなかったのか自分を責めました。I’m not the only one.は、全然関係ないですが、All you need is love.なんかよりよっぽどポップに聞こえました。で、Kurt Cobainの事を、多分皆さんで言うところの常識程度まで知った頃に思ったのは、彼を好きな人が彼を好きな理由は、彼を尊敬してるのではなくて、彼を見下せるからなのではないか、ということです。彼は誰よりも強くI’m not the only one.を思っていた。誰よりも一生懸命それから逃れようとした。そしてその方法として一番簡単な死を選んだ。散々逃げ回った挙げ句、社会的には最も情けないと思われる行為に辿り着いた。しかし彼が生前残した作品達が、そこで初めて彼を救った。彼の作品が結果を出したという事実が、人々に、軽蔑の感情と尊敬の感情を勘違いさせた。そして、彼の残した様々な矛盾を精算しきれなかった人々は、手っ取り早く、いつもの様に、伝説化という方法をとった・・・・・・・・・・・・・・未だこの仮説に確信を抱いております。


 感想

静かなグランジ

 前作ネヴァーマインドと比べるとグランジらしさがある作品。
しかし、前々作ブリーチと比べるとおとなしいサウンドになっている。
ニルヴァーナのアルバムはどれも少し違う顔をしている。
激しいグランジのブリーチ。聞きやすいネバーマインド。静かなグランジのインユーテロ。
自分が好きなアルバムは3枚の中できっとあると思う。


 感想

カートの魂

 中学時代より古いイギリスロックしか聴かなかった。アメリカンロックに比べてちょっと陰鬱で複雑なロックに夢中だった。正直NEVERMINDはそれほど私を捉えなかったが(むしろその過大な評価に懐疑的だった)NIRVANAは神の領域にまで達しつつあった。このアルバムを初めて聴いたとき中学時代にジョンの魂を初めて聴いたときの気持ちが蘇った。赤裸々な感情表現、怒り、苦しみ、虚無感、喪失感を叫びと歌で表現しているカートの半年後を、そのとき想像はできなかったが、得体の知れない方向にこのバンドが導かれている事は想像に難い事ではなかった。上記の感情を絞りだす動的、衝動的曲から合間の静的楽曲そして感動的ラストソングまで1曲も飛ばすことはできない、誰がなんと言おうが名盤です。少し年をとった(ブリティッシュ)ロックファンに是非聴いてもらいたい作品です。


 感想

普通じゃない

 この歌を、歌える歌い手は、生きている間にもう会えないだろう
人間の持つ負の感情、悲哀、絶望、苦悩、怒りなどを見事に表現している。普通の人間には決してこの歌を彼以上に歌うことはできない。
是非これを購入して、一度でいいから聞いてほしい


 感想

ノイズが雑音に聴こえない。

 ベスト版は星3つくらいの印象だったが、ここのレビューで
「イン・ユーテロ」を聴かないとNIRVANAは語れない、と言われたので半信半疑のまま購入した。
確かに。傑作。曲ごとに聴いてもいいし、アルバム全体としてもいい。ボーナストラックが蛇足のような気はしたけど。

カートが自己のネガティブな部分を愚痴っている出すだけはでなく、リスナーの心の闇の部分にそっと入り込み、いっしょに叫んでくれているような気分になった。カートと同化したような感触。(なんか「信者」っぽい?)
決して光の届かないどん底でもがいているような…。
闇の中でも光を見いだそうとする、ある意味真のポジティブなのかもしれない。「ダム」が好きだあ。


 感想

3rdにして露にされたカートの感傷

 無感動で陰鬱に爪弾かれるギターと今にも消え入りそうな呟きが突如として反転し、
カートの感傷が全解放されたように、暴力的なリフの轟音と、感傷的な叫びが飛び交う。

彼の双極的性質がそのままそっくり顔を出したかのような楽曲群からも、
カートの性情が最もよく反映されている作品と評されていることにも納得がいく。

一般的なウケはNevermindの方が良好だし、それと比べれば聴きづらいと解されてしまうかもしれないが、
何か聴く側の感傷すら暴きだして、それを背負おうとしているような、潔さ、実直さすら感じてしまう。

たしか、カートはメジャーデビュー前後のインタビューでこんなことを言っていた。
「なんとしても、俺達のパンクスピリットだけは守り通すんだ」と。

ジョー・ストラマーの「パンクとは思想そのものだ」という言葉を借りるならば、
この作品はカート・コバーンという人格の持つ極めて内省的な思想によって構築された、
魂を剥き出しにしたパンクロック。

とてもじゃないが、「グランジ」なんていうオリに閉じ込めておける作品ではない。
ロック史上に欣然と輝く名作であり、そしてカートの苦悩が産んだ遺作である。


 感想

表裏一体

 洋楽を聴き始めたのは確か4年くらい前からで、当時の自分はとにかく金がありませんでした。
よって主な音源入手はレンタル。友達から、ネットから情報を集めMDと一緒にツタヤで仕入れては焼き、仕入れては焼き・・
なんて事をかれこれ200回は繰り返したと思う。
そのなかでもNIRVANAは当然ながら、かなり早い内から手を付けたアーティストで、当時は自分の耳も音楽に対するスタンスも未熟でした。
MD容量ギチギチに、アルバムの途中であっても構わずぶちこんでいたため、自分がどのアルバムを聞いてるのか分からないなんて事もあるくらい。
アルバムの概念、作品として向き合う姿勢がまるでなってなかったワケです。

そしてこのIN UTEROに於いて私は最大の過ちを犯しました。
一通り通して聴いた後、「なんだか聴きにくかったなあ」なんで思いながら余韻に浸っていたのですが、いつまで経ってもアルバムが終りません。
名曲ALL APOGIESの後のシークレットナンバーまでの「間」に入っていたのです。
「なんでコレ、最後こんな間が空いてるんだろう。容量メッチャ食うんですけど。切ろう!」
というワケで最近になってCD媒体で買い替えるまでの「するめ版IN UTERO」は、
ヒステリックなtourette`sで幕を閉じる、何とも掴みどころの無いアルバムに仕上がってしまったのでした。
そしてそれを「こういうのも味があっていいねえ」なんて思いながら聴いて悦に浸っていたわけです。消したことすら忘れてた。


今更NIRVANAのレビューなんて、と思いながらコレを書いています。
それでも私たちが未だにこのバンドを、カートを愛してやまないのは、
ビートルズにも比類する、偉大な「音楽のスタンダード」の一端として、未だ風化しない魅惑的サウンドがそこにあるからでしょう。
実際今活躍しているバンドの多くがこのバンドをマイルストーンとし、またそこから抜け出せない呪縛をも抱えています(すべてのバンドではないけど)。

どうしようもない感情を内に昂ぶらせるカートの作品をバンドマンのみならず私たちが受け入れられるのは、紛れも無く彼のポップな感性が根底にあります。
実際この作品は前作での成功でさらに鬱屈を募らせたカートの本性がむき出しになった作品である、といわれていますが、
ノイジーで粗暴かつ退廃的で、そしてなお「ポップ」なのです。
ラストの「救い」をはしょった「するめ版」でさえ。
救いようの無い歌詞のrape meは、なぜこうにも優しく耳に馴染むのか。
sarve the servantsのイントロの不協和音すら、気取った実験精神みたいなものは感じず、むしろポップとしての必然性を読み取れてしまうほど。
しかしやはりラストあってのこのアルバムでしょう。昔の自分は本当にバカだった。
あくまでグランジとして、ここまで聞き手を救う曲があったろうか。みんながオリジナル、かげがえのない存在なんだ。
しかし、そのメッセージそのものがカートのクビを絞めたのかもしれない・・とも感じる。

完全無欠のポップアート作品「NEVERMIND」と「IN UTERO」。
同等に評価する人が案外少ないようですが、やはりどちらが欠けてもNIRVANAはNIRVANA足りえないと思う。
たった2枚のアルバムでカートはバンドの陰陽両極を提示している。本人の意思は兎も角として。
この作品以降のこのバンドの音なんて想像できないし、そういった意味でも「カートを殺した」一因となってしまったアルバムなのかもしれない。
しかし、だからこそこの疲労感漂う名盤を受け入れたい。誠意あるアーティストの、私たちへの最後のメッセージなのだから。


 感想

核心たるもの

 友人の1人は、Nevermindを何度聴いても好きになれないかわりに、このアルバムをフェバリットに挙げている。彼はNIRVANAというよりカート・コバーンの方が好きなのかもしれない。つまりはそういうアルバムだ。

前作「Nevermind」が世界的大成功をおさめたのは周知の通り。そしてカートがカリスマとして祭り上げられていったのもやはり周知の通り。しかし同時にスキャンダルにも囲まれ、心理的にかなり追い詰められた状況にもあったのも事実であったはずだ。このアルバムは、そんなカート・コバーンの闇の部分が投影された作品だと言える。ジョン・レノンのファースト「Plastic Ono Band」が引き合いに出されることがあるが、それと同様に「個人的」なアルバムである。

プロデューサーにスティーブ・アルビニを起用したのもその一環だといえるだろう。彼はこの時すでにピクシーズやPJハーヴェイなどとロック史に名を残す名作を作ってきた前歴があるわけだが、その特徴はどれもバリバリとした金属的で凶暴なバンドサウンドだった。Nevermindの音質は、良くも悪くも整然とトリートメントされたところがあり(そのお陰で大衆に迎合できたわけだが)、その反動としての起用となった。両アルバムを比べてみれば音質の違いは顕著だろう。本作では、音がまるで刃のように鋭い。全方位に攻撃的なサウンドである。

歌詞に目を転じれば、前作以上に突き刺さる歌詞が並ぶ。しかし総じて気付くのは、その矛先が「世界」から「自分」に変化していることである。「Everything is my fault」と歌う「All Apologies」というタイトルの曲で締めくくられるあたり、この内向性にこそカートの心理が窺えるように思う。完全に壊れてしまってからでは面白味はないが、壊れていくその過程に見るカタルシスは魅力的なのである。

結局このアルバムは当然のごとく英米で初登場1位を記録し数百万枚を売り上げ、評論家からも高い評価を得る。しかし(やはり周知のことだが)この後を継ぐオリジナルアルバムは現れず、翌年のカートの自殺をもってNIRVANAは解散する。その死をもって今のロック史があるわけだから、惜しいとかそういうことは言わない。ただ、同じ頃イギリスでRadioheadというバンドが台頭してくるのはなんだか象徴的だと思う。


 感想

もともとALTERNATIVE

 前作NEVER MINDは余りにも多くの人の賛同を得た
成功したがカート自身ジレンマに苦しむ事となった
聴きやすいだけに無理解なファンも同時に増やした(だから名盤なんだけど)
売れて成功した事でカートは思い知る
PUNKであるという存在意義(ALTERNATIVE魂)に改めて立ち返る事に
そして真の理解者(支持者)を求めるべく今作へと至る

このIN UTEROはそういった「存在意義」と「曲のクォリティ」の両立という
高いハードルを超える事を目指した作品
STEVE ALBINIをプロデューサーに選び
より「ALTERNATIVE」に拘った
明るく元気な売れ線ROCKが好きな人には理解不能な作品となる


内容は生きる事のもがきあがく生々しさが詰まって痛々しい程

1曲目からニヒリズムに溢れた悲しみと紙一重の怒りが充満

ラストの「All apollogies」迄まるでコンセプトアルバムのように必然的な流れ

カートが拘ったそのジャケット・アートの人体模型とアルバムタイトルが示すように

  「母体回帰」

感動的なまでの絶望と希望



 感想

不可解に感じた点

 このアルバムを聴いて少し驚いたことが二つあります。

まず#1ですが、Nirvanaといえばピクシーズスタイルのサビで爆発といった手法を多用したバンドです。しかしこの曲では逆にサビで若干テンションが押さえぎみになっています。普通は一曲目こそ勢いのある曲でくるのが主流だと思いますし、#2以降はいつも通り(いつも以上)の大爆発です。深読みかもしれませんが明らかに意識してというか何らかの意図をもってやってるように聴こえます。

二つ目が#6、#12におけるストリングスの存在です。たしか前作NevermindのSomething in the Wayでも導入されていたと思いますが、僕はてっきりブッチ・ヴィグの提案によるものと思っていました。しかし、ここでも使われているということはカートが望んだのでしょうか?基本的なロックフォーマットに強いこだわりを持っていそうなバンドだと思うんですが、影響源の中にそういうアレンジをしていたバンドがいたのかな。PJ Harveyが自分で弾いてたりはしていたと思いますがこれには当時驚きました。

ちなみにアルバムは最高です。ある意味The Doorsの1stなどにも通じる世界観があります。


 感想

ニルヴァーナの心臓

 専門的な音楽の訓練を受けた経験がないので、ただのフィーリングでしかないのだが、多くのアメリカのロックバンドにはイギリスのそれにはない独特なグルーヴがあるような気がする。自分にとってニルヴァーナは、そんなアメリカ的ロックバンドを象徴する存在のひとつだ。色々な意味でフロントマンばかりが注目されるが、フェンダーの改造ギターなどくそくらえだ。デイヴ&クリスのビートワークこそが「NIRVANA」だ。

これが最後のスタジオアルバムとなったわけだが、残念な音でリリースされた「ネヴァマインド」とは異なり、生々しく美しいサウンドを奏でる本来のニルヴァーナを体感できる。楽曲は陰影さを増したが、グルーヴはより強固になった。前作より一つ一つの音の輪郭が曖昧になったことで、これまでとは違った一体感が生まれている。このアルバムは激しく伸縮を繰り返しながら全身に血液を送り出す心臓のようだ。カートの歌声もギターもドクドクと心拍を刻む打楽器でしかない。自分的には1曲目がベストチューン。名盤。


 感想

カートの混乱と諦念

 『ネヴァーマインド』のポップさが好きな方には、あまりにもヘヴィーでアンダーグラウンド的なサウンドプロダクションに胸焼けを起こしてしまうかもしれません。この作品の良さはポップさよりも、ノイジーで重苦しいサウンドの中にあるブルース的な深みにあるように思います。
ニルヴァーナの楽曲の特徴はメロからサビに移る時の、あの激しく駆け昇るような爆発力、その起伏の激しさにあると思うのですが、この作品においては1曲の中での振れ幅よりも、トータルでのカートの精神の振れ幅がもはや尋常でないレベルに達しているように感じられます。手がつけられないほどに混乱しきっているかと思えば、諦念の極みにあるかのような穏やかさが顔を覗かせたりします。この矛盾こそがニルヴァーナの、そしてカートの魅力なのではないでしょうか。
それにしても1曲1曲抜き出してみると、本当にカートの才能は素晴しいです。『レイプ・ミー』のシンプルかつ深みのあるギターリフ、『ハート・シェイプド・ボックス』のブルージーで魂が震えるようなヴォーカル、そして『オール・アポロジーズ』の暖かみのあるメロディ。全曲いいとは言いませんが、少なくともこの3曲を聴けるだけでも十分に買う価値がある1枚だと思います。


 感想

何だか・・ぐっと

 好きなメロディーではない。ないけど、心に響くものがあった気がする。NIRVANA・・というかカートが何かを伝えようとしているのは分かる。それが何なのかはカート以外誰も分からないが・・・。言葉では表現出来ない物を表現することが出来る、それが歌だと思う。そんな意味でこのアルバムは人に訴えかける作品だと私は信じる。


 感想

練りこまれてる

 前作より憂鬱で荒々しく暴力的で絶望的で閉塞的
で、そして少しの愛がよく練りこまれている。
前作はハードロック、へヴィメタルでヘッドバッキング
していた少年たちの対象を変えたアルバムだったが
この作品はヘッドホンで聴くほうが陶酔感があると
思う。細部の細部まで感情移入できる音だ。
それにしてもカートにしても、Alice In Chainsの
レインにしても、MelvinsのバズにしてもPearl Jamの
エディにしてもグランジ、オルタナを支えてきた人は
皆先見性があると思う。時代が殺伐と閉塞的になって
いくのを見通していたと思う。今現在聴いてるほうが
しっくりくる。今巷で流れてるのは全部嘘にしか感じられない。


 感想

NIRVANA最後の傑作

 一般的にNIRVANAといえば「NEVERMIND」が有名でこの「InUtero」はあまり知られていない。残念なことだと思う。カートも残念に思ったことだろう。NIRVANAの本質はこのサウンドのなかにあるのだから。歯切れ良く韻を踏みながら、カートが上げる叫び声はどれも痛烈である。理解するのが容易なリリックではないが、彼の不思議な説得力をもったヴォーカルが思考を超えたところで納得させてくれる。一曲目の「Serve the servant」からの音と感情の洪水に飲み込まれていくと、これがロックなんだと思う。こういう体験はなかなかできない。

最後の「All apologies」のリフレインのなか、僕は何か満たされないような救われたような特別な気持ちになる。


 感想

これぞ傑作

 アーティストの‘音楽’を聴くのか?
アーティストの‘人生’を聴くのか?


前作『Nevermind』が歴史的な文脈を持ってして
カートの人生を聴くアルバムだったとしたら、
この『IN UTERO』はひたすらに音と向かい合う為にリリースされた作品だ。

聴き比べればすぐに分かる通り、サウンドは超が付くほどノイジーで、
カートはさらに強く叫んでいる。とゆーか、怒っている。

洗練からは程遠い野生のプロダクション。
これこそがニルバーナの正体である。


そのせいで完全に‘イッちゃってる’曲も少なくないが、
M1・M4・M9・M12などのメロディは過去最高に研ぎ澄まされており、
特にラストを飾るM12は別格の仕上がりだ。

物静かなAメロ部分は敬愛するREMの影響だろうか。
そこから一気に爆発する演奏とカートの声、
そこに信じられないほどに美しいメロディが花を添える。


名曲です。ぜひ聴いてみて下さい。


 感想

悲しみの美しさ

 NIRVANAメジャーデビュー後、二枚目の作品。インディーズを含めると三枚目の作品になる。
前作の『Nevermind』より、こちらをNIRVANAの最高傑作とする人も多い。

当時のカートの悲しみや辛さ、悩みなどがストレートに伝わってくる。そのためか、この作品を聴いていると少しだけ胸が痛くなる。
ここまで作り手の感情が音楽に反映されている作品は珍しいかもしれない。
しかし、その悲しみの中に何故か美しさが共存している。

「あれはNIRVANAでもロックでもなく、インディーズの皮をかぶった駄作だ」というように前作の『Nevermind』を批判した人々も多かった。
特にその批判は、カートが尊敬していたインディーズアーティストたちから上がっていた。

そのため、音楽的には前作よりも聴きにくいインディーズ色むき出しのサウンドになっている。
『Radio Friendly Unit Shifter』などはその極端な例といえる。
しかし、それと両極端にある美しさがこのアルバムの注目点といえる。
特にアルバムの最後に収められている『All Apologies』は全ての人を包み込む優しさを持っている。
もしかするとカートはこの曲に全ての癒しと希望を求めていたのかもしれない。

いったいカートはこのアルバムで何を伝えたかったのか、そして何を感じたかったのか。
カート亡き今となっては永遠に知ることが出来ないが、その欠片でもいいから見つけてやろうと、今もこのアルバムを聴き続ける。


 感想

ニルヴァーナの最高傑作!!

 ニルヴァーナの最高傑作でしょう。
ポップさでは前作に劣るため最初の印象は悪いだろうが、聞き込めばニルヴァーナの最高傑作ということに納得してもらえるはず。
今作では、以前の世間を斜めから見た皮肉交じりの歌詞ではなく、
かつての居場所すら失い、ロックスターとして祭り上げられてしまったカートコバーンの魂の叫びとなっています。

裸のニルヴァーナをリアルに封じこめた名盤!
しかし、ボーナストラックの始まり方は心臓に悪い。(誉めてます。)



 感想

10

 色々な思いがあると思いますが、個人的にとても気合いの入るアルバム。
サウンドがぶっ飛んでるというのもありますが、カートの声もそれ以上に凄い。

10の「Radio Friendly Unit Shifter 」はとてつもなくカッコ良い。最初から最後までこんなにカッコ良い曲と言うのは今まで聴いたことが無い程個人的に気に入った曲。
11「Tourette’s 」のハードコアな曲も良い。
フランシス・ビーンのベビーシッターのピクチャーレーベルもいかしてる。

どの曲も力強い、そんなアルバム。


 感想

傷がむき出しです。

 私は「ロック」と「叫び」という言葉をあまり合わせて使いたくない。なぜなら自分でシラケテしまうからだ。しかし、このアルバムにおいては別である。ロックと叫びがここにはリアルに存在する。決して上辺だけの予定調和ではないのだ。

ざらついた音の中、開放の一歩手前まで行き、引き返す。傷口がむき出しのままの痛々しい音。「どうしようもない」から叫ぶのに、誰かに聴いて欲しいとは思っていない。そんな印象を受けた。「ネバーマインド」にあった、『外』に向けられた視線はここには無く、『内』に視線は移され、躁鬱を繰り返しながら進んでいく。それでも崩壊する事無く、混沌としながらもどこか美しいメロディーが心に染み込むのである。

カート・コバーンが抱いていた煩悶は結局解き放たれる事は無かったが、その一部を作品と言う形で訴えかける事には成功したと言える。そしてこの作品がロックの歴史的名盤である事実は何年経っても変わる事がないはずである。



 感想

アメリカの若者の閉塞感を体現した音

 このアルバムが発売された’93年すぐの頃にサンフランシスコで購入した。
当時のアメリカはすごい不景気でストリートはゴミだらけで、若者でホーム
レスみたいなのもよく見た。
いまでもたまに聞くけど、とくに1曲目”serve the servant"や6曲目"dumb"
のそのくぐもった音を聞くと、そんな閉塞感を思い出させる。時代の空気感を
感じさせる意味で、特別なアルバム。



 感想

死を持って苦悩から開放されたカート

 M1からギターの轟音とカートの悲痛な叫びが響き渡る苦悩の旅が始まる。
そこには人間の幸せやら喜びやらという感情は一切抜き。ただただ苦しいのである。

歌詞も日本じゃ絶対規制がかかってしまいそうなヤバめなものばかり。
だが、全てが悲しいほどに心に響くのである。

彼は今、天国でどうしているのか…。



 感想

逃避か開放か?

 in uteroを聞くと泣けてくる。
nirvanaを聞いたことのない人は他のアルバムを一通り聞いた後に、是非一番最後に聞いて欲しい。
そしてカートの背景を知って欲しい。
華やかなショービジネス音楽界にこういう人間もいたということを知って欲しい。


 感想

色々な人に聴いてもらいたい1枚

 どうしてもNirvanaは「Never Mind」の方に目が向けられがちですが、
このアルバムも是非とも聴いてもらいたい1枚です。
アルバム全体を通して聴くよりも1曲、1曲歌詞カードを見ながら聴いてみてください。カート・カバーンという人間が何を伝えたかったのか、何に葛藤して短い人生に幕を閉じたのかが、自ずと見えてくると思います。「All Apologies」、「Rape Me」が個人的にお勧めです!


 感想

生身のNIRVANA

  前作でブレイクし、すっかり世界のビッグスターになってしまった彼らが、本作で見せたものは、あまりにも赤裸々なNIRVANAである。  本アルバムには、カートの苦悩、叫びがこの上なく 剥き出しにされており、とてもビッグスターとは思えない、ビッグスターなんかにはなれない彼がいる。

 本当のカート、本当のNIRVANAを知るには、本作はマストである。なお、カートが自殺したニュースで涙したファンには、とてもつらいアルバムでもある。



 感想

荒々しくも美しい…ロックの臨界点

 Nevermindの大成功とか、Kirtの内面とか、そんな事はもうどうでもいい。
時代の空気はその時でないと共有できない。90年代もNirvanaも終わった。
でもこのアルバムにはNirvanaの3人が生身で紡ぎ出す音楽がある。90年代のロックという文化のサンプルみたいなものだ。
このアルバムの楽曲はもう全ての曲が名曲といっていい。どこを聞いても山場なのだ。
かっこよさと美しさが同居したこの奇妙ともいえる音楽性をもつNirvanaは正に伝説というに相応しい。


 感想

本物の痛み

 この作品からは他のバンドにはありえない、痛み、苦しさ、怒りが伝わってくる。普通こういったことを伝えようとしてもただのナルシストのマスターベーションで終わってしまうのだが、カート・コバーンは違った。本物の痛みを知る人間しか出せない音楽。


ちなみに自分はこの作品がNIRVANAの最高傑作だと思います。それだけにこれ以降彼が生きていて、またアルバムを作っていたらと思うと、歯がゆくてしょうがありません。


とにかく一度聴いて欲しいです。ラストのALL APOLOGIZEが全てを物語っています。


 感想

苦しみ

 Nevermind爆発的ヒット以降の彼の悩み、苦悩、葛藤。彼の苦しみなんて彼(カート)以外誰にも分からない。
けど、その苦しみを少しでも知りたい人はこのIn Uteroを聞いてください。
ここまで痛々しいアルバムはないと思います。このアルバムをリアルタイムで聞くことができなかったことを悔やみます。


 感想

素晴らしいロックアルバム

 今作におけるスティーヴ・アルビニのレコーディングは賛否両論。
カート自身も「ペニーロイヤルティーはもっと名曲になっていた」と語っているようにこのアルバムはいわば不完全作なのである。カートは実にセンシティブな人間で才能に溢れている、轟音ロックをやりたいわけではなかったと思われ、この作品の音像にはあまり良い感情を抱かなかったのではないか。
それだけに、実現しなかったR.E.M.のマイケルスタイプのような透明感を出すミュージシャンとのコラボレーションなどは想像するだけで鳥肌が立つ。本当に優れた表現家を失ったことを悲しまなければならない。

なにはともあれ出来上がってしまったこの作品の凄さはその"音"よりも"感情"の波である。皮肉にもアルビニはカートの感情をモロに引き出してしまった。音楽なんて聴いて泣くことなんてあるのかと思っていたけれどグッサリやられました。

その後10年以上が立ち、今の私のお気に入りはブラームスの3番であったりするわけですがカートの声(それが酷いデモであれ何であれ)を聴くと笑って良いのだか、正座しなきゃならないのかよく分からなくなる。

不思議で才能に溢れた青年が最後に残した素晴らしいロックアルバム。
それがこの イン・ユーテロ






 感想

音楽の好みを変えさせてくれたアルバム

 昔、私はロックに詳しい友達から、これが時代の最先端をいってるバンドだよ、などと言われてニルヴァーナのネバーマインドを貸してもらった。
当時、ヘビーメタルしか聞いてなかったに私は、微妙な感じだったが、聞きやすかったので、ネバーマインドとインユーテロ両方を同時に購入した。
ネバーマインドは結局、ほとんど聞かなかったが、インユーテロのほうは、一回聴いただけでもう完全にやられてしまった。これは音楽の形態的な部分にやられたのではなく、コバーンの異常に病んだ精神に共感したからであった。とにかくこれほどネガティブな感情をダイレクトに伝えてくる音楽自体が、当時の私には衝撃的だった。
その後、私の音楽の好みはすっかり変わり、アイアンメイデン以外のヘビーメタルは一切聴かなくなり、グランジ、スミスやニューオーダー、二−ル・ヤングやビーチボーイズなど病んだ音楽しか聴かなくなってしまった。
そういう意味で私にとって本当に思い出深いアルバムです


 感想

In Utero

 一曲目「Serve The Servants」で、まずノックアウトされる。
もし、この曲にやられないのであれば、Nirvanaを聴く必要はない。
こういう音をRockというのだ。
「Rape Me」という言葉を吐いて、それを安っぽく感じさせないシンガーは、R&Rの歴史上、多分、Kurtだけだろう。
このアルバムは「In Utero」と名付けられている。
しかし(よく知られている話ではあるが)、Kurtは、このアルバムを「I Hate Myself And I Want To Die」と名付けたかった。
このアルバムには、そういう言葉に相応しい音が詰め込まれている。
Kurtは既に彼岸に行ってしまった。
でも、Kurtが生きていようが、死んでいようが関係ない。
何故なら、けして完治することのない傷を持った人間は、このアルバムによって癒されることを永遠に約束されたのだから。


 感想

「召使いに従えよ」

 ニルヴァーナが残したアルバムの中では、本作が一番聴きやすいのでは。インパクトでは「ネヴァーマインド」に及ばないかもしれない。しかし、単純に曲がいいのだ。冒頭「サーヴ・ザ・サーヴァント」以下、耳慣れしやすい苦悩に満ちた、それでいて力強いサウンド。
ひょっとしたら本作は、90年代以降のアメリカ・ロックのベストかも。そう思ってしまうほど、「単純に優れている」。
☆は4つにしておきました。贅沢ですが「万人ウケしないだろう」アルバムだからです。「ネヴァーマインド」同様。
まあ、レンタル店でもいいですから、一回聴いてみてください。「ネヴァーマインド」でしかニルヴァーナを知らない方は大損しているのです。
高い国内盤を買うよりもこのヴァージョンのほうがいいのでは。まあ、英語に慣れていなくて、どうしてもイミを、という方は国内盤を。でもどっちでもいいですよ。聴いて損はしませんから。


 感想

NIRVANAの作品というかKURT COBAINの作品。

 このアルバムはネヴァーマインドを否定した方に聴いてほしい。 きっとNIRVANAに対するイメージが変わるから。


 感想

Rest In Peace, Kurt

 この「IN UTERO」には、過去と現在、幻想と現実、死と生といった問題で、否応なく引き裂かれたカートの魂があらわに示されている。そしてその裂け目から発せられる叫びは、悲痛であると同時に抒情的でさえある。僕たちはその叫びを理性のフィルターを通すことなく、直接心の琴線に感受して、震えるように共鳴することになる。僕たちの内部にも引き裂かれた傷跡があることをまざまざと思い出しながら・・・


 感想

カートのつぶやき

 このアルバムのしんどさは、カートのエゴに真正面に付き合わせられるしんどさである。

カート自身が本人のことをぶつぶつとつぶやく。(しかし、目がこっちを見ていない。)
”Repe me"、”Dumb"、疑念と被害妄想のかたまりである。
”Milk it"、Herat-shaped box"。楽曲はすばらしいのだが、あくまでも個人的な恋愛をもぞもぞ言ってるだけで、全然広がらない。

”Never mind"の詩は、イメージの羅列のようで、どこかきらきらと輝き、どんな風にもとれるし、リスナーはそれぞれの記憶や、体験、感情、といったものにおのおの重ね合わせることができる。
しかし、このアルバムは陰鬱なカートの横顔に延々とつき合わされられるだけである。
聞きづらいのは音だけではない。

けれども”Penny royal tea"の”Distill the life that`s inside me"というフレーズだけは
違う。
カートは自らの姿勢を羞じ、懸命にこっちを見て叫ぼうとしているのだ。
まさに自分の命を魂の底から、絞り出すかのように。

このアルバムの好き嫌いは、カート本人のことを好きか、嫌いかにかかっていると思う。
そして、僕はカートが大好きである。

(ところで、Cobainをコベインと表記するのはいかがなものか?CobainのIは、前の母音のAに続き受けて、ぇぃ、と子音化するのではないか?だれか英語に詳しい人、教えてくれ。)


 感想

グランジ大衆化の功罪

 Nirvanaが最後に残した問題作「In Utero」
一般的な位置付けはそんなところだろうか

しかしながらPeal Jam、SoundGarden、Alice In Chainsと言った他のオルタナティブと比較すると
一般的に名盤と言われるNevermindはグランジ特有の荒々しさを削り、大手レーベルとの契約もあってかポップ色を強めた所謂「売れ線」のアルバムに仕上がっている
大衆化受けを狙ったアルバムが予想以上に売れてしまい
一大ムーブメントのリーダーと祭り上げられてしまったカート率いるNirvanaが苦悩の中産み落とした一作が「In Utero」なのだ

内容もRape Meは意図的に代表曲Smells〜と同じリフを用いたり
ヴァース〜コーラス〜ヴァースといった構成であったり
売れ過ぎた事へ後悔を感じさせる自虐的な作品になっている

個人的にRape Meはやや狙い過ぎ感が否めない点
Rape Me後の数曲はやや迫力に欠け必ずしも「捨て曲無し」と言う訳では無い点
から★★★★

しかしラストのAll Apologiesは名曲であるし
グランジに興味がある人には聴いて欲しい秀作ではある




Home

関連ジャンル
国内盤
Source Country
CDアルバム
CD
Format
全般
Custom Stores
Nirvana
ロック
90s以降
ハードロック・ヘヴィーメタル
オルタナティヴロック
ロック
ストア
フォーマット別
ジャンル別
jp-music
Refinements
国内盤
M-O
アーティスト別
ハードロック・ヘヴィーメタル
オルタナティヴロック
ロック
Deprecated Nodes
Deprecated Nodes
ポピュラー・ロック
Browse Refinements
海外のロック・ポップス
ロック
ユーズドCD
jp-used

商品カテゴリ一覧

エレクトロニクス
Browse Refinements
Refinements
Self Service
gp
オフィスエレクトロニクス
カテゴリー別
ストア
スペシャル
パソコン・周辺機器
プリンタ・スキャナ
メーカー別
[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック The G BLACK FORCE タフソーラー 電波時計 GW-1700BTJ-1AJF メンズ

ホーム&キッチン
Archive
Bedding Size
Browse Refinements
Refinements
Self Service
カテゴリー別
ストア
スペシャル
トップセラー
ブランド別
準備中
DeLonghi オイル・ラジエターヒーター DRAGON 3 新X字型フィン7枚 D071249EF 【3~8畳用】

ポピュラー音楽
Featured Categories
Refinements
Self Service
gp
test
アーティスト別
キッズ・ファミリー
クラシック
ジャズ・フュージョン
ジャンル別
ストア
スペシャル
スポーツ・その他
ソウル・R&B
ヒップホップ
ヒーリング・ニューエイジ
フォーマット別
レーベル別
日本の伝統音楽・芸能
歌謡曲・演歌
Be Here Now

DVD
By Directors
By Formats
COOP
Refinements
Self Service
Stores
gp
ジャンル別
ドキュメンタリー
ミュージック
B’Day Anthology Video Album [DVD] [Import]

ソフトウェア
DVD・動画・音楽
PCゲーム
Refinements
Self Service
gp
ジャンル別
ストア
スペシャル
デザイン・グラフィック
ファミリー・実用
フォーマット別
プログラミング
メーカー別
会計・企業業務
倉庫
教養・趣味
素材・データ集
Norton AntiVirus 2008 スモールオフィスパック 5ユーザー

ゲーム
By Formats
Refinements
Self Service
Special
Wii
ストア
プレイステーション2
プレイステーション3
機種別
鉄拳6 (通常版) 特典 アーケード用スペシャルアイテム「拳闘気 (赤) 」ダウンロードパスワードカード付き

おもちゃ&ホビー
Refinements
Self Service
gp
おもちゃのベストセラー
カテゴリー別
キャラクター&ブランド別
ストア
スペシャル
ミニカー
メーカー別
ランディングページ
年齢別
楽器・音楽玩具
準備中
知育パズル
知育玩具
電子玩具
500ピース 天空の城ラピュタ ゴリアテ接近 AM 500-231

スポーツ
By Brands
Deprecated Nodes
Refinements
Self Service
その他スポーツ
アウトドア
カテゴリー別
ストア
スペシャル
小物・ウェアアクセサリ
馬術スポーツ
LEATHERMAN(レザーマン) StyleCS  STC 【日本正規品】

ヘルス
Browse Refinement
Refinements
UNLAUNCHED
カテゴリー別
ストア
アミノコラーゲンF 200g

時計
Browse Refinements
Featured Categories
Refinements
Self Service
Special
gp
カテゴリー別
ストア
OMEGA デ・ビル コーアクシャル 4532.51 [並行輸入品]


オススメ商品
面白Goods
イチオシ商品
面白Goods

★イチオシ特集★


ポピュラー音楽ランキングTOP9

1位 Box Emotions
Box Emotions











ブログ記事一覧!

オススメ記事!
”超”飛び出す絵本『不思議の国のアリス』!
”超”飛び出す絵本『不思議の国のアリス』!
飼い主のセンスが光るイヌなどのコスプレ姿の面白画像の数々!

モデル並み美女がSexyな下着でスポーツ『ランジェリーフットボール』!

駅の階段をピアノの鍵盤に改造しピアノ階段の利用が急増!楽しそうです!

ハエが人の様に楽しく遊んでいる感じのアート画像!ちょいグロだけど面白い!

お部屋に居ながらオーロラ鑑賞ができるドーム型のホテル!

”超”飛び出す絵本『不思議の国のアリス』!

カッコ良いストリートファイターのイラスト画像の数々!

複雑なデータを可視化!参考になる洗練された統計情報の表現方法色々!

ガッカリするけど面白!ダイナミックな設計ミスをしている建物の画像!

アウトドア用の何でもできる完璧な携帯キッチン!でも重さは120kg…

ほぼ動物虐待かも?犬のプードルを使ったアートの数々!

リアルだけど実際には有りえない創造的な面白いイラスト画像の数々!

当り前のように街に出没する野生動物の数々!驚きのシチュエーション

色々な人が描いた『オズの魔法使い』のイラスト画像の数々!

フェラーリ、ランボルギーニなどスポーツカーの超高速タクシー!

マニアックで面白過ぎて食べられないカップケーキの画像の数々!

Sexy過ぎてテニスどころでは無い!ボールガールの写真の数々!

現実には有りえない、驚きの面白トリックアート画像の数々!

見ているだけで涼しくなれる職人技!スイカやメロンの飾り彫り画像!

街中でパックマンを再現する迷惑な人達。最後には衝撃の結末が!

ミュージックお買い得特集

早い者勝ち!輸入ベスト盤【¥1,390均一】コーナー
各ジャンルのベスト盤が¥1,390均一で!早い者勝ちなのでお早めにチェックを!

ジョニ・ミッチェル特集
多くのアーティストに影響を与え、ビョーク、プリンスなど豪華な顔ぶれが参加したトリビュートアルバム『Tribute To Joni Michelle』も話題となったカリスマシンガーソングライター、ジョニ・ミッチェルの5年ぶりのニューアルバムほか

ニューリリース・予約 ポイント5%還元
注目の国内盤ニューリリースタイトルが5%ポイント還元!

【最大70%OFF】国内盤、輸入盤CDバーゲン
J-POP、アニメ・サントラ、キッズ・ファミリーほか


登山の特集一覧!

登山情報トップ
登山情報トップはこちら
立山(雄山、大汝山、真砂岳、室堂、扇沢)に日帰り登山
立山(雄山、大汝山、真砂岳、室堂、扇沢)に日帰り登山!

仙丈ケ岳に日帰り登山
仙丈ケ岳に日帰り登山で登ってきました!

登山で乗鞍岳に日帰り
登山で乗鞍岳、富士見岳に日帰りで登ってきました!

槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳、北穂高、涸沢岳、奥穂高、ジャンダルム、前穂高、上高地の登山ルートを1泊2日で縦走
槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳、北穂高、涸沢岳、奥穂高、ジャンダルム、前穂高、上高地の登山ルートを1泊2日で縦走しました!

日帰りの登山で北岳〜間ノ岳〜農鳥岳(農鳥岳)に挑戦したけど
日帰りの登山で北岳〜間ノ岳〜農鳥岳(農鳥岳)に挑戦したけど・・・

登山で木曽の御嶽山(長野県)の日帰りに挑戦しました!
登山で木曽の御嶽山(長野県)の日帰りに挑戦しました!

登山で南アルプスの荒川三山、赤石岳、聖岳を縦走しました
登山で南アルプスの荒川三山、赤石岳、聖岳を縦走しました

6回目の富士山に登りました!富士宮口(新五合目)の登山ルートからです!
6回目の富士山に登りました!富士宮口(新五合目)の登山ルートからです!

常念岳の登山ルートに日帰りで挑戦!
常念岳(三股から)の登山ルートに日帰りで挑戦!

甲斐駒ヶ岳(駒ケ岳)の黒戸尾根の登山ルートに日帰りで挑戦しました
甲斐駒ヶ岳(駒ケ岳)の黒戸尾根の登山ルートに日帰りで挑戦しました!

剣岳(剱岳)日帰り登山ルートの早月尾根に挑戦しました
剣岳(剱岳)日帰り登山ルートの早月尾根に挑戦しました!(馬場島⇒剣岳)

=== 番外編 ===
蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳に大倉尾根の登山ルートから日帰りの縦走に挑戦しました!
蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳に大倉尾根の登山ルートから日帰りの縦走に挑戦しました!

丹沢山地の『塔ノ岳〜大倉尾根〜大倉バス停』の登山ルートでのトレーニング風景!
丹沢山地の『塔ノ岳〜大倉尾根〜大倉バス停』の登山ルートでのトレーニング風景!

ホーネット(hornet)のエンジンの乗せ変えをしました
ホーネット(hornet)のエンジンの乗せ変えをしました

広島から東京までバイクでツーリングに挑戦しました!
広島から東京までバイクでツーリングに挑戦しました!




楽天の特集1

楽天の特集2

楽天の特集3

楽天の特集4

楽天の特集5

楽天の特集6

楽天の特集7

楽天の特集8


■相互リンク募集中■

 相互リンク募集中です!
 相互リンク登録フォームから登録してもらえれば、すぐにブックマークページに反映されます。
ザクザクよろしくお願いします!

>>相互リンク登録フォーム

お勧めサイト!

All around(お役立ち情報)
yuru.uind.net
ブックマーク
マイルドちゃんねる
名無しアンテナ(´=`)

イン・ユーテロの関連商品

Nevermind
Nevermind
Unplugged in New York
Unplugged in New York
ニルヴァーナ・ベスト
ニルヴァーナ・ベスト
Bleach
Bleach
Incesticide
Incesticide
From the Muddy Banks of the Wishkah
From the Muddy Banks of the Wishkah
Foo Fighters
Foo Fighters
Ok Computer
Ok Computer
Blood Sugar Sex Magik
Blood Sugar Sex Magik
By the Way
By the Way


★ヒット商品★

Unplugged in New York
Unplugged in New York
???本作は、カート・コバーンの不慮の死の前に録音されたニルヴァー..

ネイチャーメイド アイアン 80粒 (2入り)
ネイチャーメイド アイアン 80粒 (2入り)
私はマラソンをやっているので 身体内での血液や酸素の循環が鈍らない..

1000ピース 天空の城ラピュタ 飛行石の力 1000-225
1000ピース 天空の城ラピュタ 飛行石の力 1000-225
(C)1986 Nibariki・Tokuma Shoten「天空..

Canon テレコンバーター TC-DC58C
Canon テレコンバーター TC-DC58C
???焦点処理を約2.0倍に変換するテレコンバーター。PowerS..

[フォリフォリ]Folli Follie 腕時計 WF5T120BPS レディース [並行輸入品]
[フォリフォリ]Folli Follie 腕時計 WF5T120BPS レディース [並行輸入品]
【フォリフォリ】 Folli Follie レディース WF5T1..

Apple iPod classic 80GB シルバー MB029J/A
Apple iPod classic 80GB シルバー MB029J/A
洗練されたデザイン新たにアルミニウムを使用、美しく耐久性に優れた滑..

TAKUMI LEDバンブークロック TO:CA TKM19-BR
TAKUMI LEDバンブークロック TO:CA TKM19-BR
●「時間を知らせる」だけのシンプルな機能はもとより、余分なものを一..

千と千尋の神隠し トランプ
千と千尋の神隠し トランプ
千と千尋の神隠し トランプ..

ヒア・アイ・スタンド
ヒア・アイ・スタンド
今回のアルバム、わかり易いアップ・ナンバーが比較的少なめで、非常に..

DENON 折畳み式ヘッドホン(ホワイト) AH-P372(W)
DENON 折畳み式ヘッドホン(ホワイト) AH-P372(W)
◆振動板の前後の音圧バランスを調整することによって、最適な音響特性..