7年ぶりの親子旅in『釧路・根室・帯広』?…釧路湿原・摩周湖・川湯 ,北海道

7年ぶりの親子旅in『釧路・根室・帯広』?…釧路湿原・摩周湖・川湯 

【詳細】
エリア:北海道
長男が釧路の大学に入ったのが7年前…
合格が決まってからのアパート探しから始まって、卒業までの間に数度のお掃除おばさんとしての釧路訪問はあったけれど、考えてみれば観光は初めてのこと。

今回その長男の、将来のお嫁さん?の実家にご挨拶ということでやってきました釧路。
実家は釧路のおとなり厚岸町なので明日15日の顔合わせを前に、息子の案内で釧路近辺の観光となりました♪

13日札幌に住む息子を拾って、夫と息子で交代して釧路まで運転。(だんだんと世代交代は近し…笑)
移動だけでほぼ一日です!
今日14日は、釧路湿原・摩周湖・硫黄山・屈斜路湖など定番の観光コースを回ってきました。
砂利道の悪路と悪戦苦闘したり、行く先々での200段もの階段に、足が棒になりながらも、大自然を満喫してきました。

夜は、13日は炉辺焼き発祥の本場釧路で、炉辺焼きを堪能!
14日は、ちょっと高級居酒屋の「ふく亭」へ。
動いたのも動いたけど、それ以上に食べたかな〜。(笑)
各地の名物は、「グルメ編」として別にUPしました。

7年ぶりの親子旅in『釧路・根室・帯広』?…釧路湿原・摩周湖・川湯 



■詳細■

8月14日

13日はほぼ一日がかりの移動。
さすがお盆、夕張の高速出口は3キロほどの渋滞。

今日は、今まで何度も釧路に足を運んでいて、見
8月14日

13日はほぼ一日がかりの移動。
さすがお盆、夕張の高速出口は3キロほどの渋滞。

今日は、今まで何度も釧路に足を運んでいて、見ることがなかった「釧路湿原」へ。

まずは塘路から、コッタロ展望台へ。
なんと最近ではなかなかお目にかかれない砂利道をひた走ります。
両側はもう湿原の風景が広がります。
前の写真に写っていた釧路川が、蛇行して流れているのがわかりますね。
前の写真に写っていた釧路川が、蛇行して流れているのがわかりますね。
途中で和ませてくれる花。
相変わらず花の名前はわからない私…
途中で和ませてくれる花。
相変わらず花の名前はわからない私…
目の前にいきなり現れたのが、この階段。
この階段だけではなく、展望台にあがるまではまだまだたくさんの階段や坂道が待っています。
全部で200
目の前にいきなり現れたのが、この階段。
この階段だけではなく、展望台にあがるまではまだまだたくさんの階段や坂道が待っています。
全部で200段くらいあったかな〜!
やっと、到着!
心臓がバクバク言ってます^^;

でも、目の前に広がる景色で報われますね。
はるかかなたまで広がる風景。
これが湿原じゃなか
やっと、到着!
心臓がバクバク言ってます^^;

でも、目の前に広がる景色で報われますね。
はるかかなたまで広がる風景。
これが湿原じゃなかったら、畑や家の1軒もあってもよさそうなんだけど、それすらないという厳しい土地なのでしょうね。
どこまでも広がる湿原…
どこまでも広がる湿原…
透明度世界一といわれている摩周湖。
しかし最近はその透明度も低下しているようです。
透明度世界一といわれている摩周湖。
しかし最近はその透明度も低下しているようです。

車は次の目的地「摩周湖」へ。

ここも何回来たことだろう…
「霧の摩周湖」とは言うけど、霧にすっぽり覆われた摩周湖は1回しか見たことがない。
車は次の目的地「摩周湖」へ。

ここも何回来たことだろう…
「霧の摩周湖」とは言うけど、霧にすっぽり覆われた摩周湖は1回しか見たことがない。(笑)
快晴も1回くらいかな。
後はいつもこんな感じだったような…

相変わらず、寒いです。

駐車料金410円がかかるけど、硫黄山と共通なのでチケットはなくさないように!
普通イメージする湖とは違い、湖畔そばまでは断崖のため行くことはできませんね。
普通イメージする湖とは違い、湖畔そばまでは断崖のため行くことはできませんね。
弟子屈町で、摩周湖に次ぐ観光名所「硫黄山」

まるで別世界のような風景が広がります。
その名の通り硫黄の独特なにおいが立ち込めます。
弟子屈町で、摩周湖に次ぐ観光名所「硫黄山」

まるで別世界のような風景が広がります。
その名の通り硫黄の独特なにおいが立ち込めます。
硫黄で黄色く変色した噴出孔になぜか、湯たんぽが…
???です…
硫黄で黄色く変色した噴出孔になぜか、湯たんぽが…
???です…
そして、名物「蒸し卵」

光熱費ゼロの、美味しい商売かな〜(笑)
以前は、数人の業者がいたけど中には無許可の悪徳業者もいたんでしょうね。
今
そして、名物「蒸し卵」

光熱費ゼロの、美味しい商売かな〜(笑)
以前は、数人の業者がいたけど中には無許可の悪徳業者もいたんでしょうね。
今は、一組のおじいさんとおばあさんだけがやっていました。
普通に歩いているところでも、こんなにぼこぼこと沸騰しているお湯が沸いている!
危なくないんだろうか…、とちょっと心配。

良い子の皆さん間違
普通に歩いているところでも、こんなにぼこぼこと沸騰しているお湯が沸いている!
危なくないんだろうか…、とちょっと心配。

良い子の皆さん間違っても手を入れないでね!
活動する大地の様子をUPでどうぞ!

すごい迫力!
なぜか「マグマ大使」を思い出してしまった。
年がばれる話題だけど…。(笑)
活動する大地の様子をUPでどうぞ!

すごい迫力!
なぜか「マグマ大使」を思い出してしまった。
年がばれる話題だけど…。(笑)
こんなのがあちこちに…

もちろん、この噴出孔のそばへはいけません。
こんなのがあちこちに…

もちろん、この噴出孔のそばへはいけません。
さぁ、見学が終わったらお約束の卵を買いましょうか〜♪

おじさん、5個ちょうだい♪
はいよ、1個100円だけど、5個なら400円だからね〜。
さぁ、見学が終わったらお約束の卵を買いましょうか〜♪

おじさん、5個ちょうだい♪
はいよ、1個100円だけど、5個なら400円だからね〜。
親子3人、卵を持っての記念写真♪(笑)

実はこの卵には、我が家に語り継がれるであろう話があって…

はるか昔、子供たちが小学校中学年くらい
親子3人、卵を持っての記念写真♪(笑)

実はこの卵には、我が家に語り継がれるであろう話があって…

はるか昔、子供たちが小学校中学年くらいだっただろうか…
ここを訪れた際、同じように卵を買って下の子が持って、何を思ったのか急に走り出した!
転ぶよ〜、卵落とすよ!の声も間に合わず、見事転んで卵はぐしゃぐしゃ。
ゆで卵を見ると、必ず出るこの話に、下の子は渋い顔!
そんな懐かしい思い出のゆで卵でした〜。

※ 今回私が持ってみてわかった!
  この卵、すごく熱い!
  熱さに耐え切れずどうしていいかわからずに走り出したんだろうな〜。
振り返ると、駐車場がはるかかなたに…
こんなに荒涼とした風景なんですよ〜!
振り返ると、駐車場がはるかかなたに…
こんなに荒涼とした風景なんですよ〜!
そしてここにはなんと温泉が沸いているんですよね〜。

今はプールのように整備されているけど、以前は何もない地面を掘り返したらお湯が出てきたり
そしてここにはなんと温泉が沸いているんですよね〜。

今はプールのように整備されているけど、以前は何もない地面を掘り返したらお湯が出てきたりしたんです。
湖で冷えた身体を温めるにはちょうどいいですね。
「屈斜路湖」

コバルトブルーの色が美しいカルデラ湖。
この写真では良くわかりませんが…

キャンプやヨットやウィンドサーフィンなど色々な遊
「屈斜路湖」

コバルトブルーの色が美しいカルデラ湖。
この写真では良くわかりませんが…

キャンプやヨットやウィンドサーフィンなど色々な遊びが楽しめるようです。
釣りをしていたおじさんに見せてもらいました。
何の魚かな〜。
すごく小さいよ!
釣りをしていたおじさんに見せてもらいました。
何の魚かな〜。
すごく小さいよ!
ほら、ぽこぽこ沸いているのがわかりますか?

ためしに夫が入ってみたら、かなり熱かったようで足が真っ赤っか。
ほら、ぽこぽこ沸いているのがわかりますか?

ためしに夫が入ってみたら、かなり熱かったようで足が真っ赤っか。
次は、屈斜路湖に向かう途中で偶然見つけたひまわり畑。
屈斜路湖から戻る途中に立ち寄りました。
次は、屈斜路湖に向かう途中で偶然見つけたひまわり畑。
屈斜路湖から戻る途中に立ち寄りました。
ここもかなり広いひまわり畑でした。

ちゃんと撮影スポットということで、お立ち台がおいてありました。
迷路もありましたね。
ここもかなり広いひまわり畑でした。

ちゃんと撮影スポットということで、お立ち台がおいてありました。
迷路もありましたね。
こちらは、「鶴居村・グリーンパークつるい」

お昼ごはんを食べるところが見つからず立ち寄りました。
ここで、知らなかった情報をGET。

鶴
こちらは、「鶴居村・グリーンパークつるい」

お昼ごはんを食べるところが見つからず立ち寄りました。
ここで、知らなかった情報をGET。

鶴は、渡り鳥、飛来してくるものとばかり思っていたのですが…
今は、ほぼ定住していて、湿原の中に巣を作ったりで、「運がよければ」出会えるそうです。
この4トラ旅行記でも出会えた方がいるみたいですね。

レストランの女性が親切丁寧に説明してくれ、実際に鶴が見られる場所も教えてくれました。
その情報の中で、先ほども通ったコッタロ湿原へと続く道道1060号を走ると、鶴が見られる確立が高いということで再びやってきました。

看板にも
その情報の中で、先ほども通ったコッタロ湿原へと続く道道1060号を走ると、鶴が見られる確立が高いということで再びやってきました。

看板にも書いてあるじゃないですか〜^^;
朝は「湿原が広がってるね〜」くらいで、ひたすら砂利道を走ったのですが、今回はのろのろ〜。

でもそうそう簡単にはには出会えるわけはないんです
朝は「湿原が広がってるね〜」くらいで、ひたすら砂利道を走ったのですが、今回はのろのろ〜。

でもそうそう簡単にはには出会えるわけはないんですよね。
と言っていたら、突然目の前を飛ぶものが。
「いた〜」との夫と長男の声にあわててカメラを構えるも、小さくてわかりにくい!
やっとの1枚です。
続いて向かったのは、「サルルン展望台」

塘路湖の北側にサルボ展望台とともにあります。
ちょっとわかりにくいんですけどね。
これがまた、20
続いて向かったのは、「サルルン展望台」

塘路湖の北側にサルボ展望台とともにあります。
ちょっとわかりにくいんですけどね。
これがまた、200段近くもの階段&急坂。
途中で腿がパンパンに張ってきました。(泣)
ほら〜、こんな階段です。
それも途中から、崖側に斜めに傾斜して崩れそうだし…

若い?息子はタッタと上がっていきますが、母はつらいです。^^
ほら〜、こんな階段です。
それも途中から、崖側に斜めに傾斜して崩れそうだし…

若い?息子はタッタと上がっていきますが、母はつらいです。^^;
途中に咲いていた「エゾリンドウ」…たぶん^^;
途中に咲いていた「エゾリンドウ」…たぶん^^;
ちょっと違うけど、こんな感じ〜!

左が、塘路湖。
右下に見えるのがサルルントーという沼のようです。
ちょっと違うけど、こんな感じ〜!

左が、塘路湖。
右下に見えるのがサルルントーという沼のようです。
どこまで見渡しても、湿原ばかりです。

右上のほうに点のようなごみのように見えるのも鶴ですよ〜。
どこまで見渡しても、湿原ばかりです。

右上のほうに点のようなごみのように見えるのも鶴ですよ〜。
こんな景色が広がるようです。
こんな景色が広がるようです。
サルルン沼(ウルルンではありません…笑)と、向こうに見えるのは塘路駅の集落です。
サルルン沼(ウルルンではありません…笑)と、向こうに見えるのは塘路駅の集落です。
一度乗ってみたかった「ノロツコ号」

車で動いているし一日2往復しかしないので、上手く時間をあわせて乗れるかどうかわからなかったのであきらめ
一度乗ってみたかった「ノロツコ号」

車で動いているし一日2往復しかしないので、上手く時間をあわせて乗れるかどうかわからなかったのであきらめていたら…

長男の、「車は僕が釧路まで運転していくから、二人で乗っておいで」という言葉に甘えて、塘路駅から釧路駅まで「ノロツコ号」初体験です♪

私が乗車券を買っている間に、夫が走ってこの写真を撮りに行きました。
ノロツコ号は、釧網線の釧路〜塘路間の釧路湿原の中を走る人気の電車。(北海道人はいまだに“汽車”と呼ぶ)

大人530円、指定席300円。
あ
ノロツコ号は、釧網線の釧路〜塘路間の釧路湿原の中を走る人気の電車。(北海道人はいまだに“汽車”と呼ぶ)

大人530円、指定席300円。
あらかじめ予約して乗る人が多い(塘路の駅にも団体山陽のバスが停まってました)けど、行き当たりばったりのこの旅、乗れたらね〜♪という感じです。

運よく、指定席も最後の2枚をGET!
「塘路駅」

本当に、小さな小さな駅でこのノロツコ号がなければ乗り降りする人もいないんじゃないかと思うくらい。
でも、このときばかりは、乗車
「塘路駅」

本当に、小さな小さな駅でこのノロツコ号がなければ乗り降りする人もいないんじゃないかと思うくらい。
でも、このときばかりは、乗車する人だけじゃなく、写真だけを撮りに来ている人たちですごい人です。
展望車から顔を覗かせています。

1、2号車が自由席、3、4、5号車が指定席。
私達は3号車、車内販売カウンターのすぐそばでした。
展望車から顔を覗かせています。

1、2号車が自由席、3、4、5号車が指定席。
私達は3号車、車内販売カウンターのすぐそばでした。
塘路…、今まで漢字で書いてきましたが「とうろ」と読みます。
塘路…、今まで漢字で書いてきましたが「とうろ」と読みます。
カヌーが向かう先、釧路川下流方向。
カヌーが向かう先、釧路川下流方向。
乗車記念のしおり。

つい先日乗車100万人を達成したそうです。
乗車記念のしおり。

つい先日乗車100万人を達成したそうです。
「細岡駅」

塘路駅から30分ほどで到着。
細岡展望台というところがあるので、その基点となっているのでしょうか。
(詳しく調べていないのでわ
「細岡駅」

塘路駅から30分ほどで到着。
細岡展望台というところがあるので、その基点となっているのでしょうか。
(詳しく調べていないのでわかりませんが…)

カヌーステーションがあるということなので、さっきのカヌーはここまで来るのでしょうね。
車内の様子。

右側に見えるベンチ式の椅子は、背もたれが移動できるようです。
進行方向は左手前になります。
私達は、左側でしたが、進行方向と
車内の様子。

右側に見えるベンチ式の椅子は、背もたれが移動できるようです。
進行方向は左手前になります。
私達は、左側でしたが、進行方向とは逆、背を向けて走ります。^^;
でも、見どころはこの進行方向右側なので、良かったといえば良かったです。
湿原の風景の中汽車は走ります。

途中で、釧路川と一番近くに出会えるポイントに来ました。
見どころポイントに来ると、電車のスピードが落ち、ゆ
湿原の風景の中汽車は走ります。

途中で、釧路川と一番近くに出会えるポイントに来ました。
見どころポイントに来ると、電車のスピードが落ち、ゆっくり走ってくれます。

偶然にも、カヌーで川下りをしている人に出会えました。
車内の人たちもいい被写体だといわんばかりにカメラのを向けていましたが、カヌーの人たちもこちら側を撮っていました。
そしてカヌーが来た方向、釧路川上流の方向です。

川が蛇行しているのがよくわかります。
そしてカヌーが来た方向、釧路川上流の方向です。

川が蛇行しているのがよくわかります。
新旧二つの「岩保木水門」

昭和6年に釧路川の洪水を防ぐために作られた木造の旧岩保木水門。
しかし、昭和8年以降一度も水門が開かれたことがな
新旧二つの「岩保木水門」

昭和6年に釧路川の洪水を防ぐために作られた木造の旧岩保木水門。
しかし、昭和8年以降一度も水門が開かれたことがない開かずの水門だとか…
手前のコンクリート製の水門が平成2年に出来た新岩保木水門とのことです。

しかし、写すのが難しい〜^^;
釧路川を渡ると、そろそろ釧路に到着します。
釧路川を渡ると、そろそろ釧路に到着します。
事前に予約していれば、もっときちんとした記念乗車券になるのですが、当日買ったので本当の(?)切符です。^^;
なので記念に持ち帰ることは出来
事前に予約していれば、もっときちんとした記念乗車券になるのですが、当日買ったので本当の(?)切符です。^^;
なので記念に持ち帰ることは出来ません。
写真だけ〜。(笑)
「釧路駅」

今回のお宿は、このすぐ右手。
7年前はこの左手。
駅前から、幣舞橋に続く駅前通りにはホテルがたくさんあります。
「釧路駅」

今回のお宿は、このすぐ右手。
7年前はこの左手。
駅前から、幣舞橋に続く駅前通りにはホテルがたくさんあります。
ホテルに入り、大浴場(4、5人入ればいっぱいというくらい)で汗を流した後、夕食のため夜の釧路の街へ…

お風呂上りのせいばかりじゃなく、ちょ
ホテルに入り、大浴場(4、5人入ればいっぱいというくらい)で汗を流した後、夕食のため夜の釧路の街へ…

お風呂上りのせいばかりじゃなく、ちょっと肌寒い…
と、思ったら幣舞橋華時計前の温度計では「19℃」でした!
さすが、釧路!!
観光客?地元の方々?
見た感じ、半々みたいな…
ここは、大勢で来た方が楽しそう!
観光客?地元の方々?
見た感じ、半々みたいな…
ここは、大勢で来た方が楽しそう!
フィッシャーマンズワーフMooの2階にも、屋台村のようなものがありました。
以前来たときにはなかったのに…
ちょっと面白い感じです。
フィッシャーマンズワーフMooの2階にも、屋台村のようなものがありました。
以前来たときにはなかったのに…
ちょっと面白い感じです。
さすが釧路!道路に鮭が落ちている!!

そんなわけありませんよね〜。
しゃれなんでしょうね。
道路のあちこちにこんなオブジェ?があります。
さすが釧路!道路に鮭が落ちている!!

そんなわけありませんよね〜。
しゃれなんでしょうね。
道路のあちこちにこんなオブジェ?があります。
下を見て歩かないと躓いて転んじゃうよ〜!

こんな具合に、釧路2日目の夜は更けていきました。


     ……?へ続く……
釧路の、観光ポイントの一つ「花時計」

駅から来ると幣舞橋を渡ってすぐ左手に見えます。
この前はロータリーになっています。
なかなかロータリ
釧路の、観光ポイントの一つ「花時計」

駅から来ると幣舞橋を渡ってすぐ左手に見えます。
この前はロータリーになっています。
なかなかロータリーというものにはお目にかからないので、来るたび戸惑ってしまいます。
幣舞橋から、フィッシャーマンズワーフを眺める。

橋の欄干には、「四季の像」があるので有名ですね。
道内三大名橋(札幌・豊平橋、旭川・旭橋と
幣舞橋から、フィッシャーマンズワーフを眺める。

橋の欄干には、「四季の像」があるので有名ですね。
道内三大名橋(札幌・豊平橋、旭川・旭橋とともに)とも言われているとのこと。

道東に地震があると、津波の警戒等で必ずここが映ります。
岸壁ですから、当然船もあります。
岸壁ですから、当然船もあります。

幣舞橋たもと、フィッシャーマンズワーフMOO前の岸壁で、「岸壁炉辺」なるものをやっていました。

テント張りなんだけど、しっかり何店ものお店
幣舞橋たもと、フィッシャーマンズワーフMOO前の岸壁で、「岸壁炉辺」なるものをやっていました。

テント張りなんだけど、しっかり何店ものお店が入っている!
5月中旬から10月末までやっているようですね。
ちょっと心引かれたけど、機能も炉辺だったし…
今度にしよう♪
こんな感じいいよね〜、と夫と話しながら、ここでは飲まずに我慢して、今夜のお食事どころ「ふく亭」に向かいます。

ご飯(おにぎりくらいの大きさ
こんな感じいいよね〜、と夫と話しながら、ここでは飲まずに我慢して、今夜のお食事どころ「ふく亭」に向かいます。

ご飯(おにぎりくらいの大きさ)の上に秋刀魚を乗せて焼いていたのもあったよ!
ご当地ならではの味かもね。

旅行情報

2006冬の北海道へ♪?
札幌街歩き 〜北国のさんぽ道〜
2007年雪まつり初日
札幌斜め観光+丸駒温泉∬(^ ^∧)∬
2007冬の道央・2日目
函館三泊四日
千歳〜小樽〜定山渓
小樽 

ソフトウェアランキングTOP6









★ヒット商品★

Unplugged in New York
Unplugged in New York
???本作は、カート・コバーンの不慮の死の前に録音されたニルヴァー..

ネイチャーメイド アイアン 80粒 (2入り)
ネイチャーメイド アイアン 80粒 (2入り)
私はマラソンをやっているので 身体内での血液や酸素の循環が鈍らない..

1000ピース 天空の城ラピュタ 飛行石の力 1000-225
1000ピース 天空の城ラピュタ 飛行石の力 1000-225
(C)1986 Nibariki・Tokuma Shoten「天空..

Canon テレコンバーター TC-DC58C
Canon テレコンバーター TC-DC58C
???焦点処理を約2.0倍に変換するテレコンバーター。PowerS..

[フォリフォリ]Folli Follie 腕時計 WF5T120BPS レディース [並行輸入品]
[フォリフォリ]Folli Follie 腕時計 WF5T120BPS レディース [並行輸入品]
【フォリフォリ】 Folli Follie レディース WF5T1..

Apple iPod classic 80GB シルバー MB029J/A
Apple iPod classic 80GB シルバー MB029J/A
洗練されたデザイン新たにアルミニウムを使用、美しく耐久性に優れた滑..

TAKUMI LEDバンブークロック TO:CA TKM19-BR
TAKUMI LEDバンブークロック TO:CA TKM19-BR
●「時間を知らせる」だけのシンプルな機能はもとより、余分なものを一..

千と千尋の神隠し トランプ
千と千尋の神隠し トランプ
千と千尋の神隠し トランプ..

ヒア・アイ・スタンド
ヒア・アイ・スタンド
今回のアルバム、わかり易いアップ・ナンバーが比較的少なめで、非常に..

DENON 折畳み式ヘッドホン(ホワイト) AH-P372(W)
DENON 折畳み式ヘッドホン(ホワイト) AH-P372(W)
◆振動板の前後の音圧バランスを調整することによって、最適な音響特性..